パウっとんちゃ~ん

沢登りと山岳スノーボード(山ボード)と他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

'08/10/11-13銚子川岩井谷

送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

・一緒に行った人
 YMGCさん

写真

・動画


・10(金)
 朝は仕事場近くの駅のロッカー(400円)に沢荷を突っ込んでから仕事場へ。進捗はイマイチやったが、18時半には仕事場を出る。当初、仕事場まで迎えに来てもらう予定やったが早めに出れたのでJR茨木市で19時半前に拾てもらう。MYCAL茨木の とんかつ和幸で かつとじに舌鼓を打つ。ご飯も味噌汁も おかわりする。MYCALの1階で食料調達も済ませ、20:40頃MYCALを出る。近畿道→南阪奈道→鹿路トンネル→R169→サ○ギ○林道→R425と長い長い道のりを行く。吉野あたりでブルーなメールが入り、凹む。サ○ギ○林道では3箇所ほど難所?があったが通過してしまった…。(11月からは普通に通れるみたい)
 クチスボダム堰堤からR425は通行止めでヤバっと思ったが、魚飛渓への県道は通れて一安心。権兵衛の里へ近道やしラッキー!と思ったが、YMGCさんが「コンビニ寄りたい」とのことで、R42から尾鷲へ戻って、サークルKに行く。が、旧海山町のコンビニのほうが近かったかも。23:55権兵衛の里→24:15尾鷲コンビニ→24:35権兵衛の里、てな具合。
 また、権兵衛の里(24:35)に戻り、テントを張る。ビールを1缶あける。YMGCさんはあおるように呑んでいた。地面は濡れてるが雨は降っていない。「テントのほうが広いから」というYMGCさんの言で身体の大きいワタイがテントで寝かしてもらうことになり、YMGCさんは車の後部シートを前に倒して寝る。25時頃、テントに入り、横になったと思ったら雨がポツポツ降り始める。テントの↑には木があるので、木から垂れてきた雫がポタっとテントにあたり、テントの中にも細かい飛沫が入ってきていた。寝る前、YMGCさんが「フライシートは要らんか?」と訊いてきて「ええやろ」と応えてしもたんがプチ後悔やが、まぁ朝までもつやろ…と仕事や運転の疲れもあり、寝入ってまう。
 夜中3:00頃、寒くて目覚める。身体が少し濡れてる。雨は本降り。あれ。テントの中も濡れている。あれれ。テントの隅には水が溜まっている。あれれれ。そういや、携帯を隅っこに置いたかも。。。水没している。あれれれれ。これ、防水ちゃうしー。背面の時計は表示されてるが、フリップを開いても、何も表示されない。電源キーを押しても反応なし。ありゃー。電池を外して、拭き拭きしてから もっかい入れて、電源キーを長押しすると、一瞬チカっと光って、…終わり。ありゃーーーー。またまたブルー。もう携帯なんか要らんわ。そうこうしてる間に 雨が小康状態になったので屋根があるところにテントごと移動する。ハンケチで色々拭いたりして、少し落ち着いてから またテントで寝る。シュラフカバーも綿入れ上着も濡れてもたなー。重たなってもたなー。。。

・11(土)
 権兵衛の里には朝から数人 人がヤってきた。犬の散歩の人とか。権兵衛の里の建物には大きめの写真が貼ってある。魚飛渓のターザンごっこの写真がある。これ、俺も随分前に麻やんと武田ちゃんと3人でカヤックに来た時にヤった。
 白倉林道は少し荒れ気味。名丸谷から200m入ったところで一般車両通行止のヤツが置いてあった。今年の6/15に来た時は第二発電所の少し下流の銚子川右岸側が大崩落していて林道復旧工事中だったが、その工事は既に済んでいた。雨は小雨程度。山はガスがかかって幽玄な感じ。対岸から岩井谷の滝が見えてるが結構水量多そう。それにしても切れ込んだ谷やなー。
 8:15 白倉林道から発電所への巡視路を降りていく。吊橋を渡るが、ハメ板は今にも穴空きそうな感じで怖かった。発電所施設の横を通って岩井谷出合へ行こうとするが、鉄条が上についた扉があって入れない。また怖い吊橋を渡り、銚子川右岸側から簡単に本流に降り、出合へ。いきなりド迫力の滝が出迎えてくれるが、左岸側から簡単に巻く。
 9:45 何箇所か滝を過ぎていった後、釜があって、谷がガクンと左に曲がったところの斜瀑。右岸側から簡単に巻けそうではあるが、斜度も緩いし、落ち口に抜けれるやろってことで左岸側に渡って、斜瀑の水流右際から登っていく。YMGCさんがなかなか来ぉへんなーと思ってたら、左岸側に渡るところで一度 流されたとのこと。全然気がつかなかった。落ち口に抜ける手前で段差があり、そこはショルダーでYMGCさんを上げる。YMGCさんがそのまま登ってしまいそうになるが、YMGCさんは長めの紐を持ってないので、まずザックを渡す。で、6mm8mシュリンゲを渡して、落ち口抜けたあたりから俺をひきあげてーと言うが、落ち口に抜けようとしても躊躇している。「行くの?行かんのやったら俺、左から巻いて、紐垂らすけど?」というと「行く」とのこと。しかし躊躇したまま10分弱、時間が過ぎ、「いかへんの?」と訊くと「はい」とのこと。俺のザックを下ろしてもらって YMGCさんには待ってもらい、大急ぎで左から巻く。YMGCさんよりだいぶ上に出てから安定した立ち木に8.5mm50mをfixしようとしてると、「おーい」と声がかかり、見るとYMGCさんは落ち口を抜けていた。なーーーんや。ま、よかった。
 10:51 左岸側支流に高ぁぁい滝。激写。

送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

 10:55 登りルートにカワイイいもりちゃん。逃げない。激写した後、踏まないように攀じる。
 11:01 白い綺麗な鉄の橋が見える。もうすぐ堰堤、そして三平滝か!!!この頃から快晴。マブいぜっ。下側の橋をくぐった後、左岸側の巡視路に上がる。YMGCさんによると ここはヒルの巣窟やったらしい。そういや、ここより下流側で とある滝を巻いてる時に右耳に違和感があり、触ると耳たぶの付け根に蛭がついていた。が血は吸われてなかった。
 二つ目の橋を左岸側から右岸側に渡ると、何か機械の箱のようなものが通路に散乱している。銅線が剥き出しになったものなどがあり、感電しないか と怖い。スゴイ滝の水飛沫で、快晴なのに寒くなる。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

黄色の折れ曲がった梯子を伝い、堰堤上に降りると、
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

そこには虹が見事にかかる。滝も素晴らしい。対岸の滝も素晴らしい。岩壁も空も何もかもが素晴らしい。
 さて、岩井谷を遡行するなら、これをしなけりゃ意味が無いと思っていた。ボルト利用の三平滝直登。巡視路上流側末端から3~4mほどバックしたところに丸い太いボルトはあり、その上にもいくつか登山用みたいなボルトが見える。その上は一部、段差があるが、どうなんやろ、登れるんやろか。だいぶ上に立ち木があり、あそこまでいければ その先はなんとかなりそうにも思える。
 11:30 ロープやジャンピング、胸部ギヤラックなどを段取りしYMGCさんにビレイしてもろて攀じり始める。まずは あぶみ。よいしょ、よいしょ。きちんとテストしつつ あぶみを4回ぐらいかけかえたところで、、、次のボルト、の前に、まずは15cmのバンドがある。そこに立てれば、次のボルトに手が届く。が、あぶみに乗った状態から このバンドに乗る?の?マントリング風にやろうと5分ぐらいがんばったがヘタレの俺には無理。バンドの10cm下にボルトを打ち足す。15分ちょいで打てた。で、あぶみをかけ、下のあぶみを取り、ん~~、怖い。が、バンドに乗った。バンドぬめぬめ。安心して立てない。15cmバンドの50cmぐらい上に5cmバンドがあり、そこに立たないと次のボルトに届かない。緊張、5分弱躊躇。よいしょ。届いた。簡単なテストの後、あぶみをかける。さて、お次、、、あぶみの上部に乗り、また薄いバンドへ。で、次のボルト、、、届かんがな。よぉみると ちょうどいい高さのところに折れたボルトが埋まっとる。根元が完全に岩中にハマってるので全く利用できない。う~む、、、打ち足す。なるべく上に…と思い、肩より上に肘をあげて打つ、、、が疲れる。30分ちょいかかった。このボルト打ち、薄いバンドで無理な体勢で しかも腕をかなり上に挙げて 足滑らせたら3m落ちる っちゅうことで めちゃめちゃ消耗した。ボルトでランニングをとる。YMGCさんに「ちょー、代わってくれへん?」と声をかけ、ロワーダウンで下ろしてもらう。このとき、5~6m登ってた。少しパンなど口にし、休む。滝の水飛沫が結構 寒いので合羽を着込む。
13:50 YMGCさんが登り始める。あぶみで苦労していたが、3回目のかけかえぐらいでコツが分かったようや。さすが。俺が2本目にボルト打ち足したところからは一定間隔でボルトが残っていて、YMGCさん、快調に登っていく。ボルトのテストとランニングをとる順番がイマイチ把握できてないようなので、逐一 声をかける。が、上に行くに従い、声が届き難くなってるよう。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

14:10 YMGCさんが13mほど上のバンドに出る。このバンドのスグ上に太い立ち木があるので、あっこで一旦切ればと思うが。。。ここで小さな落石あり。緊張。YMGCさん、キョロキョロしだす。ルートに迷っているようにみえる。立ち木直上ではなく、右斜上の草付ルートを探っているのか。5分ぐらいしても、キョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロしてるので、「おーい、どないしたんやー?何しとんやー?」と聞く。返事をしてくれてはいるみたいやけど、何を言ってるのか聞き取れない。そのまま10分ほどキョロキョロしてたが、俺が「左はどや」と手で合図すると、「きびしー」と言ってるみたい。「戻ってきてもええでー」というと、「代わってもらえますー」と下りてきた。
14:48 YMGCさんがロワーダウンで下りてくる。立ち木のスグ下にボルトがあり、そこにあぶみをかければ立ち木に上がれそうやったが、ボルトに荷重をかけるとグニャっと曲がったので よぉ使わんかった。右側で足の置き場を探したが登れなかった。とのこと。3時間経過したが、13mほどしか上がっていない。まぁでも、夕方までには登れるやろ と 15分ほど休憩の後、俺が登り始める。
15:00 よいしょ、よいしょと登っていく。YMGCさんが最後にランニングを採ったボルトに着くと、そこは下から見てる分にはバンドやったが、ぬめって外傾していて、紐なしでは立っていられないところ。ランニングを採ったボルトの70cmぐらい上に小さめのリングボルトがあり、触ってみると確かに柔らかめ。まぁ静的荷重限定ってことで使えんことはなさそうやけどなぁ。真上には手を伸ばせばあと少しで届きそうなところに太い立ち木がある。ボルトに頼らずいきたい気もする。しかしズルズル。ココは投げ縄で立ち木にシュリンゲをかける。ハンマーを外し、6mm7mのシュリンゲをつけて、ポンっと放り上げる。一発でかかる。気分がええ。で、そのシュリンゲにランニングをかけ、シュリンゲ持って、腕力で立ち木の上にエイエイっと登る。立ち木に跨る。ふ~っ。さて、この後は…。ボルトは見当たらない。ズルズルどろどろ斜面。過去にボルトを打った人は どこをどう登ったのか。もう少し滝よりにいったのか、それとも。。。ここで荷揚げするつもりやったが、この後3~4m上がれば もう少し安定して広そうなので そこまで上がることにする。少しズルズル面を登った後、手がギリギリ届かないところに直径10cmの立ち木があるので、また投げ縄でランニングをとる。今回の投げ縄は近いせいもあり気持ちよく決まる。で、そのランニングを持って、身体を持ち上げ、根元を持って持ち上げ、根元から20cmぐらい上を持って体重をかけようとすると グシャっみたいな嫌な音がする。この木、やばい。この木折れると、下のランニングは太い立ち木で そこまで2mあるから計4~5mは落ちるぞ。ぎえー。こういう時は視野を広く。左右を見回すと右やや下部2m離れて何本か細い立ち木群がある。あれでランニングをとれれば。YMGCさんに大声はりあげてテンションをかけてもらい、両手を空けて またまた投げ縄。外れる。3回目でかかり、うまく紐をかけれる。今度はまた大声はりあげてテンションを緩めてもらい、トラバース。。。。ふ~っ。なんとか移れて、苦労してその木の上に這い上がる。で、もう1m上の太い木でセルフをとり、ビレイ解除のコール。ホっ。
16:00 最後は1時間かけて ここまで登ったことになるな。ここから先は真上は岩壁、岩壁の際を辿るとすれば左に斜上することになる。岩壁は今までに比べれば斜度は緩んでいて、登れそうにも見える。が、まずは荷揚げや。一杯になるまでロープを引っ張ってフィックスした後、折り返して 荷揚げ用とする。おもりをつけてロープを垂らしていく。うまく下まで届いた。で、ザックをつけてもらう。上ではプーリーとオートマンを使って少し楽しようという魂胆。時々 引っ張り難くなったが、なかなか使えるシステム。でもーーーー、なんか斜度の切り替わりのところで引っかかる。なんぼひっぱっても上がってこない。5分以上 頑張ったが諦めて、より上流側ところに紐を垂らしなおす。で、ひっぱる。疲れる。暗なってくる。今度も引っかかったが、少しの頑張りで越えてきた。ザックちゃーん、久しぶりー。次はYMGCさんのザック。重い。重過ぎる。いったい、何が入っているのか。。。白川又川にTKIちゃんとOKMさんと3人で行った時のことを思い出す。あのときのOKMさんのザックは酒が1lぐらい入っとって重たかったなー。YMGCさんのザック、またひっかかり、もう上がってこない。プーリー&オートマンのシステムも なぜかうまく働かない。どつぼ。一度 おろす。ザックに紐をしばりつける位置が首のあたりやったので、「肩紐の中間地点ぐらいにしてー」とオガる。そのようにしばる位置をかえてもらえた。今度はなんとか引き上げれた。と これ文章に書くと、なんか一瞬で終わったようやけど、めちゃめちゃしんどかった。めちゃめちゃえらかった。登り自体もきつい面はあったけど、このYMGCさんザックの荷揚げのほうがキツかった。荷を分散させなあかんな。やっぱり軽量化は大事ですわ、YTTNさん。heavyだとtiredですわ。
17:00 1時間かけた荷揚げが終わり、最後にYMGCさんが回収しながらロープ登高で登ってくる。わりとスムーズに上がってきはった。30分で上がってきたから、ザック1個あたりの引き上げと同じ時間で上がってきたことになる。
17:30 もう既に真っ暗なのでヘッドランプを出す。で、少し口にパンなど入れる。YMGCさんが「河原で寝れないかも」と泣きを入れる。「いけるいける」。ここでYMGCさんが持ってきてはった樋上本のコピーを見る。梯子がどうとかこうとか書いてある。梯子が見つかれば、河原に降りれそうや。コピーをなおし、YMGCさんリードで岩壁際を斜上。少し落石もあり、怖い。ランプで照らしたところしか見えないので怖い。20mちょい行ったところでビレイ解除、つるべで俺が登る。YMGCさんの辿ったルートから右側の岩壁もイケル気がせんでもないが暗くてイマイチ行く気になれない。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

そのまま岩壁基部を左に斜上すると20mほどで赤錆た梯子が現れ、ホっとする。ここで一旦きる。梯子基部からは下流側にも踏み跡のようなものが見てとれる。
18:25 YMGCさんが梯子基部まで来た後、ロープをなおし、梯子に手をかけ 登っていく。若干ゆらゆらする梯子。少し怖いが まーいけるやろ。梯子が左を向き、斜度が緩くなる。梯子に板がかかっているが、板が腐っていて、滑って とにかく怖い。結局 板には足を置かずに端の鉄のところに足をかけて登る。また右向きにかわり、少し行くとコルに出た。ここから下向きの梯子。なんとか河原に降りれそうや。梯子を降りる。錆がきつくて、手がひっかかって痛い。この梯子、途中で切れてたら嫌やなー…。
18:35 梯子が終わり、フィックスロープを持って、少し下りると もう河原。あっけない感じ。ちゃんちゃん。おめでとう。なんとか河原で寝れそうや。テン場を探して上流側へ辿る。怖くて まさか下流側なんか辿れない。梯子から降りたところの対岸に平地があるが、もう少し行ってみようと上流へ。両壁は結構たっている。なんだか濡れ濡れ遡行。もう この先 ゴルジュっぽいよー。やめとこー。そこに平地があるが、ちょっと狭い。さっきの梯子の対岸のほうがマシやなゆうことでYMGCさんと意見が合い、10分弱戻って、左岸の少しあがったところをテン場とした。腹が減り過ぎて頭が痛い。月明かりの写真を撮ろうとしたり、米を研いだり、なんやかんやと忙しい。それにしても あんなとこ よー登ってこれたもんやなー。月は明る過ぎるぐらいに明るいが俺のデジカメでは白くボーっと浮かび上がる絶景の河原は撮れなかった。やっぱ一眼レフと三脚が要るな。YMGCさんは百均の鋸まで持ってきていて焚き火に打ち込んでいた。炊き込みご飯とコッヘルに溢れそうなほどの味噌汁で腹を満たし、ツェルトに入りこんだ。ツェルトの天井は高かったが、床からの隙間風が吹き込み、結露は無かったが寒ぅて何度も目が覚めた。それでも昨晩よりはマシや!

・12(日)
 朝っぱらから快晴。昨日はあまり進めなかったが、今日は奥の大滝より上まで行きたい。せやないと下山が遅なるから。
7:40 三平滝落ち口で記念撮影。今日も元気に出発進行。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

8:08  15m滝あらわる。右岸壁が登れそうな気がせんでもなかったが、紐を出してると遅いやろということで少し戻って大高巻き。なんだか巻き過ぎたのか、時間を食う。疲れて途中で休憩。
9:30 15m滝の もひとつ上の滝の落ち口に出る。は~。やっぱ右岸壁直登のほうがヨカッタか。も。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

 ここからは全くの癒し渓。快晴のもと、穏やかな川原でノンビリまったり歩く。綺麗なナメもある。シヤワセ。昨日のゴルジュが嘘のようや。
9:57 小瀬谷出合。ここから少し上流で左岸側に立派な長い石垣。戦後に作られたのか?ここから先も癒し渓が続く。足はつくが深めの淵もあった。
10:40 梅ノ木谷出合。ここからはゴルジュっぽくなってて滝の音がザーザーゆうてる。陽のあたる岩の上で20分休む。
11:00 歩き始める。最初の15m滝は右岸巻き。その次の滝は左岸巻きやったかいな。ここから大劇場が始まる。右岸側に立派なクラ。そして滝。鮮やか。記念撮影を終え、水流近くを登ってみるが、その次の滝がややこしそうに見えて、結局左岸の植生から巻く。で、次の滝も合わせて巻いたところで、末広がりの簾滝。YMGCさんは「樋上さんの本に写真が載ってる滝や」とはしゃいでいる。これも左岸側から簡単に巻く。次は斜瀑20m。これも左岸側を簡単に巻き、落ち口に出る。この先に低い滝があり、水流中を登っていくが、YMGCさんが足を滑らせてヒヤリ。
12:12 15m滝。5分で登る。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

12:17 12m滝。滝の下部は1mほどの段になっている。その1m段の手前には6m淵。パっと見た感じ、水流の左側が登れそう。ここで久々に紐を出す。淵の手前の左岸側で2枚もハーケンを打ち、ビレイヤーのセルフとする。YMGCさんにビレイしてもらい、1m段の手前の凹角でハーケンを打つ。あまり効いてないが、ま、持ち手になればいいかと そのままエイヤっと1m段の上に上がる。このまま 水流に打たれながら左に渡ってもいいが、フォローが登る時のロープの流れを考えると、ここでランニングを採っておいたほうが良い。滝に打たれながら右手にリスを探すが適当なのが無い。仕方がないので左側に渡ってからとることにし、立ったままではとても無理なので、四つんばいになって滝の水圧をモロに受けながら左へ渡ろうとする。スゴイ水圧。背骨折れるか?水の音以外何も聞こえない。不思議と息は出来る。長く感じた15秒ほど、無事渡りきる。右手には穴ぼこが開いてて落ちそうで怖い。水流左際が簡単に登れそう。とりあえず、なるべく水流近くにTRI CAMのピンクでランニングをとる。まずはココまでYMGCさんにも来てもらわんと。安定が悪いので もう少し左に簡単に数mあがって立ち木でセルフ。ビレイ解除でYMGCさんをセカンドビレイする。最初の凹角ハーケンを外し、段のところまではスムーズに上がってきたYMGCさん。せやけど、その後が悪い。その後の歩みが出ずに滝に打たれ過ぎてる。俺の行き方を見てなかったんやろか。「もー行くしかないでー」とオガるが、多分 水音で聞こえないやろう。2~3分の躊躇の後、さ、来るか と一歩踏み出したところでYMGCさん、滑り落ちる。足を置いた場所が悪かったんやろ。上から迸り落ちてくるメインの水流の直下の平なところに足、そして重心を置く必要があるんやけど、水流に心理的に圧倒され、やや下流側に足を置いてしまったようにみえる。淵の終わりまでYMGCさんを流す必要があるので、急いで紐を緩める。緩めようとするが、YMGCさんから借りたYMMTさんの形見の8環、かなり紐の流れが悪い。あまり流し過ぎると、さらに下流のややこしいところまで行ってしまわへんか。落ちた後は姿が見えないし、声も聞こえない。「おーい、おーい」とオガりながら緩めていくと1分ほど後で、「おーい」と声が戻ってきて、ホっとする。「どこに居るんやー?」と声をかける。紐にはテンションがかかってないし声は聞こえてるし大丈夫やろ。少しして、最初のビレイポイントあたりに姿が見えた。離れてても分かるぐらいブルブル震えている。よっぽど寒かったんやろなー。「ここは無理ー」とゆわはるんで「ロープ登高するー?」と訊くと うなずく。滝の水飛沫があたらんぐらいのところにロープを垂らす。が、少しして、「もうちょっと下流側に垂らして」とのことで、ロープの段取りをしなおす。で、ロープを垂らし、YMGCさん、ゆっくりロープ登高で登ってきた。この後、「水流際か 水流から数m離れたところか どっちかから登ろう」と提案。YMGCさんは寒いせいか水流から離れたほうを選ぶ。じっとしてるよりは身体を動かしたほうがええやろということで ここからはYMGCさんリード。安定した登りで5分ほどで落ち口へ抜ける。その後 フォローの俺が登る。淵から落ち口までは高度差12mほどの滝。落ち口に着いたのが13:44なので1時間半弱かかったことになる。この後は高い滝は出てこないが、「10m弱の淵と その奥に低めの滝」なんて景色が立て続けに出てくる。YMGCさんは「まだ寒い」とのことで泳ぎたくなさそうやったが、巻くとかなり時間がかかりそうなので、へつれない淵は泳いで通過。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

淵の奥が左に曲がってるところでは紐を出し、スノーケルも装着。ゴーグルがちょっと壊れてて凹む。奥の滝の手前の右岸側に簡単に上がり、YMGCさんを引っ張りあげる。大漁じゃー。この後も何個か淵や滝を越えていくと段々と両壁が下がってくる感じ。その後、狭い川原の後、CS滝など越えると広い川原に出た。
14:46 この広い川原をテン場にしてもええんやけど、明日の行程を考えると、もう少し上まで進んでおきたい。あと2時間で奥の大滝より上の平地があるところにたどりつけるやろか。いや、それよりも、奥の大滝より上に平地はあるんやろか。YMGCさんと相談し、奥の大滝より手前までのところで平地があれば そこで寝るということにする。十字峡を右に入り、
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

綺麗なナメが連続し左に小枝谷が入るところが平らなので泊地とした。左岸側に6mほど高度を上げると石垣があり、ツェルトはそこに張ることにした。泊地に着いたのが15:20。今日は随分 早いなー。あんまり疲れてないし今日は楽勝やった。YMGCさんは寒ぅて大変やったらしい。明るい内から ゆっくり焚き木集めや 飯盒炊爨をする。飯盒炊爨では定番のカレー。肉は無しで魚肉ソーセージやったが、嫁はん調合のスパイス、月桂樹まで入っていて、味が効いて、おいしいスパイシーなカレーになった。今夜も月明かりが素晴らしい。焚き火でぬくもり YMGCさんは21時にはツェルトに上がっていった。俺は24時まで焚き火の傍に居て、焚き木もなくなってきた頃、ツェルトに潜り込んだ。昨日は寒かったので、今日は合羽の上下も着込んでシュラフカバーに入った。

・13(月)
 早ょ起きな、起きなと思いつつ、ちょっと外が明るなったなと思って時計を見ると6時前。YMGCさんを一声で起こし、ツェルト撤収。朝飯はオジヤ。昨日の泳ぎのせいか、ミニ三脚が無くなっている。入れてた雨蓋が破れてるし、ここから俺を置いて出てったのかも。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

7:30 綺麗なナメを歩いていく。間もなく大滝。樋上さんの本では80mと記載されている。記念撮影の後、高度計をチェック。左岸側がより立っているので右岸側のルンゼっぽいところからアプローチ。落石をポロポロ落としながら登っていく。暑いので合羽を脱ぐ。途中から右斜上するとバンドっぽいところに出て、案外早く川が見えてくる。太平洋が見えないかと思って一応ロープを張って落ち口に立ってみる。高度計をチェックすると落ち口と最下部の差は70m。30分ほどで巻けたことになる。太平洋は見えないが絶景であることは疑いようがない。が、土曜・日曜と違って、今日は曇り。結構 雲が厚いが これから晴れるかな?!
8:20 遡行再開。70m滝の上の斜瀑は右岸巻きで越え、幾つか滝を越えた後、平流となる。淵も少しあるが小さめ。小滝を越えていく。
送信者 2008_10_11-13銚子川岩井谷

9:10 深めの淵、両壁7mぐらい立っている。腹まで浸かって、途中突っ張ったりしながらCSを越えると奥に10mの滝。水流左のチムニーが抜けれそうではあるが。。。寒いし、巻いたほうが早いかな。。。と少し戻って右岸巻き。この巻き、ずるずるで嫌らしく、また後半は笹薮で笹が落ちろ落ちろと押してきて、結構大変やった。
10:00 ようやく巻き終わり谷床に立つ。ゴーロっぽいところを進んでいくと15m滝。左岸側から登ったが、あとちょっとというところが嫌らしい。先行したYMGCさんに紐を垂らしてもらおうと声をかけるが反応なし、笛を吹けども反応なし。一旦降りようかとも思ったが降りるのも嫌らしいので そのまま慎重に歩みを進め、なんとか通過できた。ところで、笛が聞こえてたのかYMGCさんが戻ってきて「30m滝ですよー」とはしゃいでいる。それはよかった。。。
10:26 樋上さんの本では30m滝と書かれている滝。「本によると落ち口から太平洋が望めるらしい。」とYMGCさんが言う。下から3分の2ぐらい水流沿いを登って水流右際に出て、そこからは ちょっと立ってくるので、YMGCさんは「いけますよ」とそのままいきかけたが、やはり紐を出し、ビレイしながらYMGCさんリードで落ち口へ抜ける。なかなかいいルートやった。
11:00 紐をまとめつつ、落ち口からの風景を眺める。YMGCさんは「何も見えない」と言っていたが、落ち口からは ぼんやりと海や港施設が見えた。写真に撮ったが あまり写らんやろうな。水に濡れた50m紐は重い。YMGCさんが元気そうなので、「紐持ってくれへん?」と訊くが、エヘラと苦笑いだけ。仕方が無いので引き続き自分のザックに入れる。落ち口横にはガラス壜やなんかが落ちていて、結構 人が入ったことがあることが窺い知れる。少し休憩の後、遡行再開。小滝、斜瀑・ナメなんかを越えていく。この辺りはいいテン場になる。が、70m滝から上流側でテン場といえば、この30m滝より上の平地ぐらいしかないやろう。昨日のテン場の選択はベストやったと思う。昨日、「大滝より上にテン場あるんかいな」とこぼしたYMGCさんに感謝である。3つめぐらいの二又で水を多めに汲んでから水の無い左又を選び そのまま西へ西へとなるい癒し系の谷を歩いていくといつの間にか斜度はなくなり のっぺりした稜線に出た。
11:37 赤いテープがあったので、予定していた稜線に出たんやろう。ここで少し休憩。樫山経由で車まで4時間半はかかると思ってたから、途中すんなりいって4時半。あと1時間早起きしたかったが、ま、えっか。GPSのスイッチを入れると、やはり想定していた1276mピークより少し上のコルに出ていた。磁石を見つつ、なるくて広い落ち葉だらけの尾根を1344mピーク目指して歩いていく。1344mピーク手前の左の斜面は禿げていた。テープは時々あった。
12:50 1344mピークよりやや南西の地点に着く。ここで南向きの尾根を選ぶ。ここからは結構わかりやすく、尾根をただ歩くだけ。
13:15 1272mピーク。ここから もうひとつピークを越え、1174mピークを目指す。ところどころに白い碍子が落ちている。昔は電柱があったんやろか。1174mピークの手前は分かりづらく、別の尾根に入ってしまいそうになる。そこから先はGPSを見るが、木のせいか電波が入らず、位置が特定できない。ま、いっか、とズンズン尾根を下りる。1000m付近まで降りたところで木が薄いところがあり、再度GPSの電源を入れてみると、既に西向きの尾根に入っていた。
14:06 樫山ピーク付近と思わしき場所。なかなか順調に来ている。GPSは入らない。ところどころでテープを見つけるが、尾根が広すぎてよくわからない。が、尾根の中心と思われるところを そのまま西向きに辿っていく。790mあたりで尾根が二つに分かれるから、それを右側に進まないといけない。高度計800m付近から、数度試行錯誤して「ここかなー」というところの尾根を選んでいく。方向は南西やからよさそう。だが、途中から無茶苦茶たってきて、崖みたいになってきた。あれーーー、まだそんなとこには出ないはず。眺めがいいのでGPSが入るかなと思って電源を入れると、なんと519mピークに続く激落ち尾根に入ってしまっていた。「んーーー、すんません、上り返したほうがはやそう」と、150mほど登り返す。苦しい登りやった。
15:45 また800m付近に登り返してきた。相変わらずGPSは電波が入らないので、オリエンテーリングみたいにして、目標の尾根を目指す。尾根と思ったところがそうではなくて、一度右にトラバって尾根につくと、なんと そこには赤テープがあった。一安心。「テープ、テープ」で標高650mあたりまで降りた。ここからは南向きの尾根を辿りたいのだが、テープが疎らで分かり難かった。大体 道っぽいところを辿れば、そこにテープはあったが、分かり難い箇所が何箇所もあり、そういう場所ではYMGCさんと二人で手分けしながら探して、テープがあったほうに降りていった。標高600mまで来ると尾根はわりと分かり易くなり、それでも、途中、テープを探し回っていたが、それまでと比べるとスムーズに下れるようになった。
16:00 開けた場所から、白倉林道の崩壊復旧工事箇所が見えた。YMGCさんの車も見える!標高500mあたり、もうかなり日が落ちてきていたが、フィックスロープが現れる。殆ど垂直。あなおそろしや。YMGCさんはゴボウで降りてったが、俺はエイトカンで懸垂した。フィックスロープで懸垂するなんて初めて。フィックスロープの後が分かり難い。YMGCさんは左が道っぽいかなと左へ降りてテープを探す。俺は右、、、、、しばらくいくとテープがあった!よかった。呼子でYMGCさんを呼び寄せる。ココは結構時間食った。で、もうしばらく行ってると、なんか人工物っぽいものが見えてくる。南西に南西に下りてって、段々なるくなり、ワイヤーなども散らばってきて…道も広くなり...
17:12 モノレールが尾根を跨いでいる箇所に着いた!モノレールには電線ぽいのがついてる。感電に慄きながらザックをおろして、モノレールを潜り抜ける。YMGCさんに写真とらせてと頼んだが、邪魔臭いと却下。ここからはコンクリで固めた道が続く。かなり暗いのでヘッドランプを出す。で、道を降りていくと、すぐに開けて明るくなり、ヘッドランプは消す。5分で導水管の最上部に着いた。ここからYMGCさんの車を見ながら延々と続く階段を、手袋を小豆色に染めながら下りていく。
17:30 階段が終わる。ココは発電所か。吊橋方向に歩くと、、、行きしに見た上部が鉄条網のドア。鍵がかかってる。。。どないしょっかなー。少し戻って、2mちょいの高さの石垣?かコンクリ塀みたいなところに上がり、ロープでもかけて降りようかとしたが、なんだか手間どりそうだったし、鉄柱を持ってスルスル降りた。あとは吊橋わたって最後の坂の登って白倉林道の駐車地へ。
17:36 駐車地着。お疲れさん。真っ暗な中、着替えて、次は温泉やー。道路地図に二箇所ほど温泉マークがあり、1箇所は通り過ぎてしまったが、阿曽温泉に浸かることが出来た。ここは国道には看板も出てなくて、知ってる人やないと判りにくい。とある親切な人に教えてもらい辿りつくことが出来た。その後、大台ICから紀勢道→伊勢道→名阪国道と通り、針テラスの食堂で夕飯を食う。その後、YMGCさんに運転をかわってもらい、気がつくと、新御。す、すんません、寝てしもた。
かくして、長い3日間、いや4日間?が終わった。(妻から突っ込みあり、「妻をほったらかしてた4日間が終わった」でしょーーーーーーーーーー、、、妻はブチギレていた。らしい。婚姻届提出した日から5年が経ったらしい)

・所感
 2006年のGWに計画してた岩井谷。2年半越しの実行。三平滝の直登も樫山経由の下山も出来、言うことなしの遡行。天気もよく、YMGCさんのおかげでもある。(黙って?!送り出してくれた妻のおかげでもあります、もちろんです、言うまでもないです)最高やった。尾鷲から俺が運転してるとき、YMGCさんは妻からの電話に謝ってばかりいた。。。

・装備(2人分)
 8.5mm50m
 あぶみ×2
 フィフィ
 ロープマンmk2×3
 兵式飯盒
 米6合
 TRI CAM(使ったのはpinkだけ)
 ball nutz#1~5(使わずじまい)
 リングボルト×3(内2本を打った)
 ジャンピング
 キリ×2
 ハーケン10~15枚
 ATC
 8環
 シュリンゲ20本程度
 ベーシック
 コッヘル
 地形図
 GPS
 呼子×2
 その他
スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 01:28:51|
  2. '08谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<職は王将に…あるけど | ホーム | 10/20夜 わらい焼>>

コメント

ごっとうさん

久しぶりに見る岩井谷。やっぱええ谷ですなァ。
  1. 2008/10/15(水) 09:03:41 |
  2. URL |
  3. N来 #-
  4. [ 編集]

よろしおあがり

>N来さん
いつ頃いかはったんすか?
おなか一杯になりました。
  1. 2008/10/16(木) 04:00:47 |
  2. URL |
  3. Fontaine #2BpXGxgk
  4. [ 編集]

台高10滝

いやあ、1983年の春やったと思います。
川崎実さんが紀伊半島で行った来た大滝の登攀のためのルート開拓が終ったので、その大滝の登攀も含めて出会いからきっちりと溯行する計画の一つとしてでした。例えば東の川なんかも当時の国鉄紀勢線の駅からタクシーでバックウォーターの最後の場所までアプローチして泊まり、そこから溯行を始めて中の滝や西の滝を直登して源頭にいたるまでのこだわった方法ですヮ。
まあ、時間の関係もあるので大滝のルートの整備は最短のアプローチから何回かの波状攻撃で拓いたうえで、最後はきっちりと溯行してその谷は完了という感じですな。いうたら、一種の極地法みたいなもんです。
ですから、三平滝も右岸の滝に近いルートですし、奥の大滝は左岸側(滝に向かって右)のわらじの会ルートをとって、最後は稜線を越えて林道に出て堂倉小屋、日出ヶ岳、大台駐車場でした。
  1. 2008/10/16(木) 08:03:10 |
  2. URL |
  3. N来 #-
  4. [ 編集]

きっちり

>N来さん
その「きっちり」ってのが「わらじの会ルート」ってだったり大台駐車場だったりするんですね。なんか色々こだわりがありそうで すごいっすねー。
  1. 2008/10/17(金) 00:50:50 |
  2. URL |
  3. Fontaine #2BpXGxgk
  4. [ 編集]

大阪沢登り協同組合

決めごとといいますか、遊び方のルールを自分なりに課して遊んではったようです。
もっとも、大台駐車場までとしていたのは乗用車がアプローチの手段でなかったためで、早く帰れるため仕方なかったからで、これはルールというよりしかたなくですね、ただ単に、もどる必要があったからです。
紀伊半島に記録のない谷がなくなって、方法なり目標を模索していたのでしょうか。新しく参加した私なんかにはうかがい知れない、悩みがあったのかも知れません。そんな混沌の中で海外の谷の溯行や冬のシーズンの溯行が試されていた時期ですね。
『沢登り協同組合』とでもいいますか、何人かの影響力の強い人が、別にならずに一つの集団として活動をされていたw会でしたが、そんななかでの一つの方法といいますか、そのころ既に未知という魅力のなくなった谷の楽しめる登り方、遊び方の一つの方法でっしゃろか。
うまく言えませんけど・・・
  1. 2008/10/18(土) 05:34:54 |
  2. URL |
  3. N来 #-
  4. [ 編集]

協同組合

>N来さん
お話、よく分かる気がします。
ま、でも、昔は昔として、また今を楽しみましょう!お暇が合えば(遭えば?)一緒に遊んでくださいね。
  1. 2008/10/20(月) 05:52:37 |
  2. URL |
  3. Fontaine #2BpXGxgk
  4. [ 編集]

三平はボルト打ち足して登られたようで、次の方は巻かなくてすみそうですね。
根性でんなぁ・・・・助かるけど。
来年あたり行こうかなぁ、前の時は大台から下り発電所で、凄い夕立に合い4時間もロスしました。
  1. 2008/10/16(木) 22:18:31 |
  2. URL |
  3. りんご畑 #oPGh3Nd6
  4. [ 編集]

次の方

>りさん
>次の方は巻かなくてすみそう
全部ボルトあぶみで登ったわけではないので、、、
さて、どうでしょー
といったところです。
>大台から下り
大台ヶ原のことですか?大台林道?
夕立の後、滝は迫力あったんじゃないっすか?
  1. 2008/10/17(金) 00:31:29 |
  2. URL |
  3. Fontaine #2BpXGxgk
  4. [ 編集]

>大台から下り
大台ヶ原のことですか?大台林道?
尾鷲道を下り光谷左股を下りました。
その年代に銚子川付近良く行きましたが、全て光谷か尾根を下降でしたので、いやおうなしに大台にたどり着かなければ帰れず雨の中へっでんでトボトボと。
一度は下降を間違い清五郎の方へ
  1. 2008/10/17(金) 19:23:49 |
  2. URL |
  3. りんご畑 #oPGh3Nd6
  4. [ 編集]

岩井谷お疲れさんです。滝もバッチリ登ってますね。私は巻き巻き遡行やったんで、もう一度行ってみたいと思ってます。
ところで下山は樫山経由ですか?
  1. 2008/10/17(金) 19:26:43 |
  2. URL |
  3. niu #YjiHo8TE
  4. [ 編集]

おへんじ

>りさん
お疲れさんでーっす。
>niuさん
>下山は樫山経由ですか?
Yes, exactly!
  1. 2008/10/17(金) 22:57:54 |
  2. URL |
  3. Fontaine #2BpXGxgk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alcohol467.blog46.fc2.com/tb.php/1134-890cd0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

affiliate

写真素材 PIXTA

プロフィール

Fontaine

Author:Fontaine
キリンさんが好きです。象さんが好きです。でも、沢登りとパウダースノーが もっと好きです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。