FC2ブログ

パウっとんちゃ~ん

沢登りと山岳スノーボード(山ボード)と他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運命の雪稜

8ケースの遭難事故がとりあげられている。 山の状況は一瞬にして変わることがよく分かる。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 23:08:16|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空と山のあいだ

高校生の5人パーティ。生き残ったのは1人。冬山での人間が こんなにも儚いものとは。俺がボードを担いで登った時の おいわきやまも吹雪いていて視界が殆どなかった。あんなとこから よー滑って降りてこれたもんだ。運が良かったんかもしれん。
  1. 2005/08/30(火) 12:21:56|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モチベーション

「モチが高い」「モチが低い」…。比較的 若い人から よぉ聞くがクライミングをヤっている人だと歳とってはる人からも聞けることが多い。 [モチベーション]の続きを読む
  1. 2005/08/30(火) 11:30:05|
  2. 沢登り etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニヤコンカ 奇跡の生還

ミニヤコンカ奇跡の生還を読んだ。絶望しかかっても希望を持ち直し、考え、行動し続ける。こんな人 他に居るんやろか。「不屈の人」という言葉が世界中の誰よりも似合ってるように思う。
  1. 2005/08/29(月) 22:05:33|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釜之公谷


8/27-28 吉野川 本沢川 釜之公谷 with H瀬さん。
[釜之公谷]の続きを読む
  1. 2005/08/28(日) 23:59:59|
  2. '05谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生還

生還―山岳遭難からの救出を読んだ。 [生還]の続きを読む
  1. 2005/08/26(金) 09:09:04|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴム底靴(アクアステルス)

沢用のゴム底靴が気になる。が、「赤い苔のついた岩だとツルンと滑んど」って訊いて手を出せずにいる。赤い苔はフェルトでも滑んねんけど、それよりもっと滑りやすい!?どんなんやろ。滑らしてみたい気もせんでもないけど。 沢靴研究?ページ 秀山荘の沢用ゴム底靴 アクアステルスの感想 海外メーカーのゴム底靴を沢で履いたはる人の感想 アクアステルスが気になってる人 忍者の感想
  1. 2005/08/26(金) 07:49:44|
  2. 沢登り etc
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ミニャコンガ

生と死のミニャ・コンガを読んだ。 生き残った人に対し 以後の行動に ここまで影響を与える 遭難事故とは… 考えさせられる。
  1. 2005/08/25(木) 07:56:02|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死者は還らず

死者は還らず―山岳遭難の現実を読んだ。 遭難して死んだケースのみが数多く取り上げられている。怖すぎ。
  1. 2005/08/23(火) 21:44:43|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いずこへ?

仕事場の近く、昼休みに飯食いに出た時に目撃した。手押しの台車に大き目の籠を載せ、その籠の中に お婆ちゃんを正座さして、台車を押してるオッサンが居た。その籠は郵便局とかで封筒/荷を区分けして入れる水色のプラッチックでスリット入りのもの。彼らは どこからやってきて どこへ向かってるんやろか。遠くから来たにしては荷物が殆ど無かったが…。お婆ちゃんとオッサンは親子のようにも見えた。
  1. 2005/08/23(火) 13:47:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごきちゃん

洗面所にゴキちゃんが出現。我が家は大騒ぎさ。
  1. 2005/08/22(月) 23:50:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見舞い

仕事場のS川さんの見舞いに行った。「再入院」と聞いてビックリしたが結構 元気そうで安心した。行ってよかった。絶飲絶食やったのに果物のお土産を持っていってしまった。
  1. 2005/08/21(日) 23:56:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木さん

近所の図書館冒険家の魂―小野田元少尉発見者鈴木紀夫の生涯を借りて読んだ。 フィリピンのジャングルでゲリラ戦を続ける小野田少尉に会えた鈴木さん。死ぬ前に雪男に会えたんやと信じたい。
  1. 2005/08/21(日) 21:04:53|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クエン酸

昨日、沢登りに行った時、Y本さんが「クエン酸を飲むと疲労回復が早い。谷中泊でも前夜に飲んでたら次の日に全く疲れが残ってない」ちゅうてはった。そういや、随分前に樋上さんと行った時に「すっぱいけど身体に効く」とかゆって白い粉を水に溶かして飲んでた。俺も試してみよーっと。Y本さんによると「ドラッグストアの調味料のコーナーに置いたぁる」とのこと。
  1. 2005/08/21(日) 08:37:42|
  2. 沢登り etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊野川 北山川 白川又川 大黒構谷(大黒河谷) 林道より下流


滝・淵・釜・滝・淵・滝・淵…。えらいとこですわ。
[熊野川 北山川 白川又川 大黒構谷(大黒河谷) 林道より下流]の続きを読む
  1. 2005/08/20(土) 22:24:54|
  2. '05谷
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

メッシュベスト

いつも沢登りに使ってるポケット付メッシュベストが黒色のため「虻/蜂が寄ってきやすい」とのことで、寄ってき難いらしい「白・薄茶」色のに買い換えることにした。近所のダイエーに電話したら「1500円??、紺・黒・カーキ・グレーなど」とのこと。行ってみよーっと。 ダイエーで買ぉてもうたけど、その後コーナンに行ったら似たようなんが680円であるやん。先にコーナンに行くべきやった。
  1. 2005/08/19(金) 14:03:07|
  2. 沢登り etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊野川 北山川 前鬼川

  • メンバー S井さん、俺
  • 大体の場所
  • メモ
  •  沢登り初体験のS井さんと二人で前夜発日帰りで行った。 [熊野川 北山川 前鬼川]の続きを読む
    1. 2005/08/18(木) 23:59:59|
    2. '05谷
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    整形外科

    8/7に備後川大谷に行き、その翌日か翌々日あたりから右肩をあげようとすると痛い。未だ治らないので今日 近所の整形外科で診てもろた。上腕二頭筋の肩側の腱を痛めたらしい。湿布してりゃ治るとのこと。 なんかわからんけど、ぬくめたりレーザーあてたりというリハビリをしてから帰った。
    1. 2005/08/17(水) 00:00:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    立合川 近畿自然歩道

    立合川下山時、左岸山腹についている近畿自然歩道の途中に上がって帰ってんけど、奥がどこまで続いているのか気になったので行ってみることにした。 とはいっても時刻は 昼前の11時。妻と二人で高速をとばしR169で向かう。15時過ぎに着き、近畿自然歩道を辿ると すぐに雨が土砂降り。少し待つがやみそうに無い。凄い雨で山腹が崩れてくるんやないかということと、雷がガンガン鳴り出したので前に通ったことのあるとこから数分ほど歩いたところで引き返した。鉄パイプと板で作った橋があった。 帰り、着替えてから車内で弁当を食い、運転していると、右手に違和感が。よく見ると、中指と薬指の間の付け根に丸々と肥えた蛭が!虫除けスプレーしゅぱしゅぱすると落ちた。 違和感はあったけど気づくまでに時間がかかった。きゃはっ。 帰り道、R309沿いの松原にあるジラソーレたらゆうイタ飯屋で夕飯にした。なかなか美味かった。
    1. 2005/08/16(火) 00:00:00|
    2. 沢登り etc
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    小野田少尉

    を読んだ。宝塚市立図書館で借りた。 きっかけは土曜の夜のテレビ。小野田少尉を主役にしたドラマ。 本の題名は「たった一人の30年戦争」となっているが、実際、1人になったのは約1年。 終戦当初は3人、その後1人投降、1人撃ち殺され、最後 長く共に生きた戦友も撃ち殺される。著書には「生き残った」ではなく「死に残った」という表現が用いられている。
    1. 2005/08/15(月) 00:00:00|
    2. 読書
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    立合川 下流部 熊野川水系

    メンバー Y口さん、俺
     「お盆休みは遠征いこ」ゆー話で北ア・恋ノ岐・ナルミズ・万太郎谷など検討していたが、どれもこれも話がまとまらなかった。俺が どっちかゆーと他人任せやったせいもあるかも。
    [立合川 下流部 熊野川水系]の続きを読む
    1. 2005/08/14(日) 23:59:59|
    2. '05谷
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    TKD氏を見舞う

    武田ちゃんの見舞いに行った。天王寺で土産の551アイスキャンデーを買ぉうとしたが、6個以上買わないとドライアイスをつけてくれないっちゅうケチなことを言ってくれるので、ヤメにして、向かいの店のスイートポテトを買った。バスに乗ると、出だしが混んでてなかなか進まず、面会時間終了の19時が気になる。…が、しばらく行くと阿倍野筋は思いのほか空いてきて、余裕で間に合った。奴は前に見た時よりは元気になってた。薬がよく効いてるらしい。入院食にデザートやフルーツがつくらしいのだが、その内容が結構 武田好みでエエのが出てきてるとのことやった。帰りはJRの長居駅まで歩いたのだが、途中、糞したなって大変やった。駅までも遠かったし。
    1. 2005/08/10(水) 00:00:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    救急法講習千秋楽

    ようやく最後や。 試験をするらしい。 行きの電車の中でテキストを読む。 「覚えろ」と言われてたところが何箇所かある。 この講習は検定というのがついている。 日赤という組織が「ある一定段階まで(日赤の言うところの)救急法を習得した人」ということで認定証をくれるのだ。そろばん検定みたいなもんやろか。まぁとにかく医師免許や運転免許のようなものではない。 で、その検定には学科と実技とある。 学科はA3用紙両面1枚。マークシートではないが、穴埋めもある。 まー、その「覚えろ」というところを あやふやでも覚えていれば解ける程度。 実技は ダミー人形での心肺蘇生法の測定結果、これが大変。圧迫点、圧迫の深さ、圧迫のスピード、きちんと垂直に押しているか、人工呼吸の空気量、空気を入れる速さ、なんやかんやと測定されて ある基準内に収まってなければNG。 でもって、AED使用を含めた心肺蘇生法に至るまでと至ってからの手順。 んーーー大変やったなー。 でも、今日、一番参考になったのは、やはり試験ではなく、総合実技たらゆう呼び名の、実際に人が災害の場面に倒れてた場合に どうするか 自分らで考えて行動するというものや。簡単に言うてしまうとケースバイケース。基本は守らなあかんし、手当ての優先順位は決まっている。が、そこかしこに応用を効かしていく必要がある。 沢登りや山ボードなどで、大怪我や行動不能になった場合にどうするか、やはり応用を効かす必要がある、いや、沢登りや山ボードの遊び自体が怪我などせずとも既にそうゆう「臨機応変」が楽しみの一部に入っとるんや。状況に合わせて行動する、自然に合わせて行動する、これが おもろさの大きな部分を占めていると思う。なんらかの予定を立て、その予定どおりに事が進まないと嫌なんて人は沢登りや山ボードなどの遊びには向いていない。 2日目以降「もう行くの やめとこか」と毎日 思ったが、まー 行って良かったんちゃうかと思う。 でも、心肺蘇生法を習いたいという人には「MFAってのもあんで」と教えてあげる…かも。
    1. 2005/08/08(月) 20:10:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    大阪亭

    仕事場の人に付き合ってもろて餃子屋で呑んだ。とりあえずセットが すっかりおなじみ。店の人にも顔を覚えてもらえたかな。2人分の席が無かったけど、開けてもらえた。
    1. 2005/08/08(月) 00:00:00|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    備後川大谷右又 熊野川北山川東ノ川水系


  • メンバー 三浦、佐々木J、梶谷、中山、TKD、大熊、大瀬戸、とよのか、女性A、T井、O田、俺
  • 大体の場所
    [備後川大谷右又 熊野川北山川東ノ川水系]の続きを読む
    1. 2005/08/07(日) 23:59:59|
    2. '05谷
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
  • 救急法 講習3日目

    今日も また盛りだくさんの内容。 机上の講義は1時間ほどで 骨折・急病・中毒・… なんやらかんやら、テキストをサーーーっと流して読みながら、さらに指導員さんの実体験に基づいた話などが織り込まれる。話がドンドン進み、ついていくのに精一杯…、っちゅうよか ついていけてなかったかも。 その後、三角巾の復習、添え木、搬送。とにかく三角巾。赤十字救急法講習と言えば、三角巾。そんな感じ。 昼から えーっと何したっけ。AEDの説明と、で、実習。AED。こんなもん、見ず知らずの倒れてる人に 貼っつけて、バンっといってええんやろか。 インストラクターさんの一人が、服を脱がすと、訴えられるかも。訴えられたら負ける とかゆーてる。そんなことゆーてたら誰も救助する人でてこないんちゃうの?!「女の人やったらカーテンして隠せ」とかゆーてるけど、そんなん出来るとこ限られてんちゃうの?AEDも宝の持ち腐れになるかもね。 で、最後にまた心肺蘇生法のダミー人形練習をして終わり。 これも、「実験人形オスカー」みたいに そっくりの人形で練習したら、すげードキドキもんやろな。 最後の最後に もう一度、机上の復習があり、終わり。 仕事場に「今からでも出たほうがええか」と聞いたが「けっこーけっこーこけこっこー」とのことで、1時間の補講?を30分ほどCPR(心肺蘇生法)練習してから帰った。 CPRは疲れる。 明日は試験やとさ。残り最後の1日じゃい。
    1. 2005/08/07(日) 00:00:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カーステ使用感

    土曜日に大騒ぎして取り付けたカーステの使用感。 CD再生時のシークがやり難い! 右端に上下左右キー(十字方向キー)というか、ジョイスティックみたいなのが ついとんねんけど、これを正確に一回、右や左に移動させたりってのがやりにくい。 特に運転中は難しい、やり難い。ボタンを二つつけてもろて押すだけにして欲しい。 多分、表示領域を広くするためボタン数を減らしたかったんやろけど これでは操作性マイナスちゃうんけーーー。
    1. 2005/08/07(日) 00:00:00|
    2. DIY
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    救急員養成講習2日目

    蛍池7:20発の電車に乗る。9:00前に天理駅着。10分弱歩いて天理大学体育学部着。車で来るより楽やな。日曜のせいか電車は空いてる。 9:30~10:30まで机上講習。三角巾、包帯、搬送のことやら。 10:30~16:30まで みっちり講習。 気管異物除去、最初うまくいかなかったが指導員に教えてもろて二回目、うまくいった。三角巾、結び方、色んな部位を怪我した場合の手当ての仕方。種類よーけある。到底 覚えきれない。最後は またもや心肺蘇生法。俺は手首の背屈が、さほど角度曲がらないので、指導員の人が言うてる通り、教えてくれはる通りの姿勢で押しても圧迫点がズレてるということになってしまうみたい。で、圧迫点をズラさないためにちょっと手首の向きを変えてやると、指導員から指摘される。事情を説明したが、気を悪くしたのか、それ以降、あまり教えてくれなくなった。まぁしゃぁないか。 なんか、4日目に試験があるそうで、試験対策みたいなことを教えてくれはるが、俺が習いたいのは いかにして助けるか、助けるために役立つ行動をとるか。そのために合理的な行動をしたい。決して試験や資格のためではなく。 昼に食いにいった洋食屋は22分も待たされたが、オムライスは その分、美味かった。なかなかの お味や。 帰りに心肺蘇生法の班で同じやった人と同じ電車になり、少し話す。その人は勤めてはる会社から「なんか資格とってこい」と言われるそうで、それで、その資格の一つとして この日赤の講習を受けてはるらしい。試験に通るために真剣である。他、仕事の話とか教えてもらえた。 俺が 今回 受けたきっかけは、雪崩講習の時に「救急講習は消防署より日赤のほうがいい」と聞いていたのと、沼田さんから「日赤講習は良かった。」と聞いていて、一度 受けようと思っていたから。「救急員」なる資格があるなんで、講習で聞くまで知らなかった。 まぁともかく、吸収できることは吸収しておこうと思う。 沢登りや山ボードに行く時には いつも三角巾が入っている。これは雪崩講習や沼田さんの影響。だが、使い方なんて まともに知らなかった。今回の講習で完璧に出来るようになったとは言えないが、講習を受ける前と比べれば かなり使えるようになったんとちゃうかなー。
    1. 2005/08/06(土) 21:40:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カーステ取替

    カーステを取替えた。工賃をケチり、また、DIYを楽しむため自分で取り付けをした。
    [カーステ取替]の続きを読む
    1. 2005/08/06(土) 00:00:00|
    2. DIY
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    日本語の勉強

    仕事場の人が「げそる」と言っていた。 「げそっとする」「げそっとしている」といった意味らしい。 初めて聞いた。その人は6??7年前から つこたはるらしい。 勉強なりますっ!
    1. 2005/08/03(水) 00:00:00|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    affiliate

    写真素材 PIXTA

    プロフィール

    Fontaine

    Author:Fontaine
    キリンさんが好きです。象さんが好きです。でも、沢登りとパウダースノーが もっと好きです。

    カテゴリー

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。